« 虚無感 | トップページ

名のあるもの

名のあるものはすべて

人と人のあいだをとおって
幾年ものあいだをとおって
まるで地にふった雨粒のように
そして私にたどりつくのだろうか
私の思いは!
私の意図は!
ことばとしてつたわる時
それはそぎおとされる
現実はこう、だから、あなたはこう。
他人にそういわれることほど
はずかしいことはなかった
背負ってきたなにかが
すべて間違いだと知らしめられた
知らなければはじずにすんだ
知らなければ傷つけずにすんだ
無自覚という恐怖が襲ったのだ。
非常識とよばれて知らしめられたや
そんなつもりないのに
そうせざる得ない所作をする
自分の弱さ。情けない。

|

« 虚無感 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175880/50878595

この記事へのトラックバック一覧です: 名のあるもの:

« 虚無感 | トップページ