« 秋桜 | トップページ | 追憶 »

小さな燭

虫が秋を告げ
風がもうすぐ冬を持ってくる
短すぎる命の燭は既に消え
僕は新しい蝋燭を探している

温かい冬など知らない
凍える冬の他冬など僕の世界には存在しない
ショウウィンドウ越しに見る蝋燭は温かそうだ
全てを包み込むような温かさ
全世界を照らすような明るさ

店の外は冷たい風が吹く

外套を翻し復た歩きだす
天は黒漆、金気早々、星星金粉たり。

|

« 秋桜 | トップページ | 追憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175880/46047773

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな燭:

« 秋桜 | トップページ | 追憶 »