« 落日 | トップページ | 生誕、没落。 »

Croire

桜の花びらが落ちる。
椛の葉が落ちる。
そのどれもがはかなくて、
そのどれもが美しくて、
落ちるたびに、何かが終わる予感がする。

始まりには終わりがある。
しかも、
始まりは見えなくて、
終わりは見えてしまう。

始まりを感じたとき、
心は躍り、胸は騒ぐ。
御祭騒ぎだ。
だが祭も何れ終わってしまう。
祭の後の静けさは、涙を誘う。
万事無常、万事は常には無し。

渡しそびれた手紙が色褪せ、
真ん中には何時しかコーヒーのしみが着いている。
涙を拭って書いた手紙も、
時の流れに逆らえず、
ゆっくりと
ゆっくりと
在るはずもなかった時間軸の上を浮遊している。

だから、今は大事。
失う前に。

|

« 落日 | トップページ | 生誕、没落。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175880/44600990

この記事へのトラックバック一覧です: Croire:

« 落日 | トップページ | 生誕、没落。 »